テクノロジーで遊ブログ

テクノロジーで遊びたい!!!と勝手に発信するブロブ

【考察】海水魚を真水に入れたらどうなるか?②

先日帯水層の記事を見つけて

【考察】海水魚を真水に入れたらどうなるか?①

を書きました。

 

first-penguin.hatenadiary.com

 

 

first-penguin.hatenadiary.com

 そこで思った。

 

ってなんでなないの??

気になったので調べてみた。

 

 

結論

広塩性魚(読み)こうえんせいぎょ

だから死なない。

 

広塩性魚とは

海水の塩類濃度は場所によって異なり,また水の蒸散量,降水量,河川水の流入量などによっても変動するが,そのような塩分変化に適応する能力は魚の種類によって異なる。ウナギ,ボラ,マハゼのように広い範囲の変化に耐えられるものを広塩性魚,これに反して多くの外洋性回遊魚などのように狭い範囲の変化にしか耐えられないものを狭塩性魚という。

朝日新聞-世界大百科事典内の広塩性魚の言及より

 

 魚っておもしろいね。

たしかに海って場所や季節によって塩分濃度ちがうよね。

船に刻まれてるし。

 

 

ウィキペディアより出典f:id:penguin_x:20190715232747p:plain

こんなのが船の真ん中にあって目安になってます。

くわしくは

満載喫水線円環

でググってください。

 

まあ何が言いたいかと言うと鮭ってうまいよねってこと。