テクノロジーで遊ブログ

テクノロジーで遊びたい!!!と勝手に発信するブロブ

VBAで覚えたら便利だったこと

最近VBAにハマってます。

 

で、、、よくあるのが一番したのセルを調べる必要があったりします。

ただし”毎回行数が変わります。”と

 

人それぞれ書き方があると思いますが私は”LastRow”で変数を宣言して使っています。

 

ではでは、

暇ならチャレンジしてみてください。

 

 

 

 

 

超お世話になっています。

”エクセルの神髄”様より引用

 

 

問題

 

・金額を計算して、D列に入れて下さい、
ただし、
行数は随時変わるので、行数の変化に自動対応して下さい。
 
※金額 = 数量 × 単価
 
 
 
A B C D
日付 数量 単価 金額
1月1日 26 304  
1月2日 68 305  

 、、、、、

、、、、

、、、

、、

 

 

私ならこう書きます!。

 

Sub test2()
Dim i As Long
Dim LastRow As Long

LastRow = Range("A65536").End(xlUp).Row
For i = 2 To LastRow
Cells(i, 4) = Cells(i, 2) * Cells(i, 3)
Next

 

End Sub

 

ど素人ながら”LastRow”で宣言して見やすくするこの方法は感動したりしました(笑)

見るやすい!!!

 

 

ちなみに

 

LastRow = Range("A65536").End(xlUp).Row

 

の意味はA65536まで行ってデータのあるセルまで下から上に戻ると言う意味です。

※なぜにA65536なのかと言うと少し前のエクセルバージョンの一番下でした。

今はもっと増えていますがそこまでデータが入っていない前提です。

 

VBAはやっと少しずつわかることが増えてきたので面白くなってきました!!

長かった(笑)

 

エクセルの神髄様の練習問題には滅茶苦茶お世話になっています。

参考にどうぞ!

ExcelとVBAの入門解説|エクセルの神髄

 

 ゆくゆくはスクレイピングとデータ分析をやってみたいのでpythonとgasも覚えて遊びたいなーと思っている今日このごろ。

 

がんばるぞー!!!